生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜

生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜 > 生命保険の基礎知識 > 目的別にみた生命保険

目的別にみた生命保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現代の生命保険の大きな3つの目的が「死亡への備え」「病気への備え」「老後への備え」であることは先述しましたが、それらの目的に見合う保険にはどんなものがあるでしょうか。

★万一の死亡に備える保険
 働き盛りの親の死亡で残される配偶者や子どものための生活費は、一番下の子どもがゼロ歳のときが最も高額になります。しかし、年月が経って子どもが独立に近い年齢に近づくと、備えるべき費用も減っていきます。一方で死亡したときに直接かかる費用は一定額必要です。死亡に備える保険としては、以下のようなものがあります。
・定期保険
・逓減定期保険
・収入保障保険
・終身保険
・養老保険

★病気に備える保険
 病気になったときにまとまった額の給付金が支払われる保険です。
・医療保険
・がん保険
・特定疾病保障保険
・三大疾病保障保険


★老後に備えるための保険
 老後には病気、介護、生活費が足りなくなるなどのリスクがあります。これらに対応する保険は上記2つと重複する部分もあります。
・養老保険
・医療保険
・介護保険
・個人年金保険

これらの保険を基本に、資産運用性を高めたものや、法人や経営者が加入するのに適したもの、子どもや女性向けに適したものなどがあります。

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

お金の専門家であるFPが家族構成や家計の状況を一緒に確認し、
目標を実現するための具体的な保険プラン等を提案・実行のサポートしてくれます。
日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で主要3部門を含め、
11項目で1位を獲得している信頼性の高さがあるので安心ですね。

おすすめの記事


スポンサー

Copyright (C)2018生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜.All rights reserved.

↑pagetop