生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜

生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜 > 生命保険の基礎知識 > どんな人が保険に入るべきか

どんな人が保険に入るべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔は国民皆”生命保険”!?

生命保険にはどんな人も入るべきでしょうか。昔は、職場には提携の生保レディーが訪れて、新入社員を次々と勧誘していました。そのときの謳い文句は、男性に対しては、「いずれ結婚して子どももできるから、妻子のために生命保険に入りましょう。若いうちに入っておいたほうが保険料が安いから今すぐ入ったほうがいいですよ」、女性に対しては、「月々の支払いで貯蓄替わりになって、3年ごとに返戻金があります。貯蓄して保障もつくからトクですよ」というものでした。今では考えられませんが、「若いうちから生命保険は当然」という考え方でした。

生命保険に入るべき人は

今はそのような勧誘はないですが、その分、もしかしたら生命保険に入るべき人も気付かずにすごしているかもしれません。結婚したときや子どもができたときには自分で「保険に入ったほうがいいかも」と思うのが一般的ですが、それ以外にはどんな場合があるでしょうか。

★親と当分同居見込みのとき
 独身で、親と住んでいて、経済面などで親の支援をしている場合、また兄弟などの面倒をみている場合は、検討してみましょう。

★将来の病気に備えたいとき
 医療保険は、何か病気にかかったあとは加入の条件が厳しくなります。将来の病気のリスクに備えたいと思ったら、早めの検討が大切です。

★経営者になったとき
 従業員を雇ったら、自分に万一のことがあった場合に会社が困ることを考えて検討しましょう。

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

お金の専門家であるFPが家族構成や家計の状況を一緒に確認し、
目標を実現するための具体的な保険プラン等を提案・実行のサポートしてくれます。
日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で主要3部門を含め、
11項目で1位を獲得している信頼性の高さがあるので安心ですね。

おすすめの記事


スポンサー

Copyright (C)2018生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜.All rights reserved.

↑pagetop