生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜

生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜 > 生命保険の基礎知識 > 生命保険の3つの主要な目的

生命保険の3つの主要な目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険の目的は

生命保険に入る目的は、大きく次の3つです。

★万一死亡したときの備え
 死亡への備えとして、最も主要なのは妻子へ遺すお金です。したがって小さい子どもがいるときは、子どもの人数を独立まで養うに足る、大きな備えが必要です。このほか、葬式費用など、死亡したときに周囲のひとに負担をかけない程度のお金を遺すという場合もあります。このための備えは小さなもので十分です。

★病気への備え
 病気になったときのための備えというのは、直接治療にかかるお金というのもありますが、仕事を休んで収入が減ったときに家族を養うための備えなども含まれます、

★老後への備え
 公的年金の見込み額だけでは老後の生活の安心が得られないときのための備えです。病気や介護の不安に備えるもの、生活資金の不足に備えるものがあります。

この主な3つの目的と重なる部分もありますが、生命保険の機能を利用して、以下のような目的を重視する場合もあります。

★貯蓄の目的
 「生命保険は万一に備え、かつ貯蓄にもなる」とかつては言われていましたが、今は貯蓄にもなる保険ばかりではありません。しかし、貯蓄という目的を主眼に選ぶ対象となる保険商品はあります。

★住宅ローン返済への備え
 住宅ローンなどまとまった借入れをしたとき、万一の場合はローンの支払いが免除される保険に入ることが多くあります。

★自営業などの所得保障
 自営業の人は自分で備える必要性が高いので、自営の所得保障など、必要な保障ができます。

★資産運用
 経済的に余裕のある人は、生命保険も金融商品のひとつとしてポートフォリオを組みますが、そのようなニーズに合わせたハイリスク・ハイリターンの生命保険もあります。

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

お金の専門家であるFPが家族構成や家計の状況を一緒に確認し、
目標を実現するための具体的な保険プラン等を提案・実行のサポートしてくれます。
日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で主要3部門を含め、
11項目で1位を獲得している信頼性の高さがあるので安心ですね。

おすすめの記事


スポンサー

Copyright (C)2018生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜.All rights reserved.

↑pagetop