生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜

生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜 > 今が見直しの好機? > 生命保険の役割の変化

生命保険の役割の変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフスタイルの変化

日本で、旧来の保険商品というのは、古い家族構成を基本に設計されていました。サラリーマンの夫、専業主婦の妻、子どもが2人という、高度成長期の4人家族の形です。そして一家の家計を支える夫が生命保険に加入する、というのが一般的な姿でした。しかし今では、結婚する人、しない人、子どものいる人、いない人。様々なライフスタイルを選択する人が増えているのに、古いタイプの保険では対応し切れません。保険会社は多様なライフスタイルに合わせて、多様な種類の保険商品を用意するようになりました。

世界一の長寿国に

日本は女性の平均寿命は世界一、男女とも世界有数の長寿国になり、高齢化も進んでいます。かつての生命保険は、「もしも働き盛りに死亡した場合に残された妻子のために」ということが主たる目的でした。しかし今は、子どもが独立した後も、親世代には長い老後が待っています。年金は先細りが不安視され、医療費負担も増えるかもしれず、要介護になる心配もしなくては・・・と、「老後への備え」が重要になってきました。

新しい保険商品

このような時代の変化により、「病気への備え」「老後への備え」などの目的に照準を合わせた生命保険商品が多く出回るようになりました。その最も代表的な例が「医療保険」です。そのほか、新しいニーズに合わせて、個人年金保険、介護保険なども出ています。

生命保険の選び方なら、クチコミで絶賛の保険マンモス

お金の専門家であるFPが家族構成や家計の状況を一緒に確認し、
目標を実現するための具体的な保険プラン等を提案・実行のサポートしてくれます。
日経BPコンサルティングによる「保険相談サービスに関する調査」で主要3部門を含め、
11項目で1位を獲得している信頼性の高さがあるので安心ですね。

おすすめの記事


スポンサー

Copyright (C)2018生命保険を賢く見直そう 〜種類・会社・特約・保障の見方〜.All rights reserved.

↑pagetop